■ 次回研究会情報

▼第49回国際経済法研究会概要

◆日時:2009年7月23日(木)19:00〜21:00

◆会場:明治大学御茶ノ水キャンパス 研究棟4階 第3会議室

◆内容:「Extention of the WTO plus Comment Obligations: A Possible Way of Enhancing Business Prticipation in the World Trade System?」

◆報告者:王衡助教授(西南政法大学国法学院)

*会員の方は念のため研究会前に配信されるメールをご確認ください。

 

■  過去の研究会
6月11日 濱田太郎講師(近畿大学) 【研究報告】「衡平な解決と特別かつ異なる待遇−国連海洋法条約からの教訓」
5月14日 伊藤一頼教授(静岡県立大学) 【判例評釈】「差別的特恵制度をめぐる最近の動向―ECバナナ事件21.5条手続とその後―
4月16日 奥村裕一特任教授(東京大学公共政策大学院) 【研究報告】「APECからCEPEAへ」
3月12日 林正徳氏(横浜国立大学 博士課程後期・元農林水産省) 【研究報告】「多国間貿易ルールの形成過程とFTA・市民社会――WTO動植物検疫衛生(SPS)協定における「科学」概念をめぐって」
2月12日 ・傅星国(Fu Xingguo)中国司長(商務部WTO担当課長)
・Biswajit Dharインド外国貿易研究所長
・Zaman豪州マッコーリー大学講師
【討論会】「ドーハラウンドの現状」
2009年
1月22日
阿部克則氏(学習院大学法学部教授) 【研究報告】WTO協定の解釈における他の国際法の規則:GMOパネル報告書を素材に」
12月11日 北沢洋子氏(国際問題評論家) 【研究報告】「WTOと市民社会」
11月13日 森田清隆氏(日本経済団体連合会産業本部主事) 【研究報告】「地球温暖化問題とWTO」
10月9日 川瀬剛志氏(上智大学法学部教授/(独)経済産業研究所ファカルティフェロー) 【研究報告】「投資協定における経済的セーフガー ドとしての緊急避難−アルゼンチン経済危機にみる限界とその示唆−」
9月11日

@小場瀬琢磨氏(早稲田大学博士過程後期)
A小寺智史氏(中央大学博士過程後期)

@差別的内国税の規律をめぐるEC法とWTO法との内容的連関
―GATT第3条とEC条約第90条との比較分析を通じて―
Aガット・WTOにおける最恵国待遇原則と一般特恵制度の関係
―「EC特恵事件」の批判的読解―

7月17日 初瀬ゆり氏(タフツフレッチャースクール・横浜国立大学博士課程・外務省) 【研究報告】「aid for trade-convergence of the trade regime and the aid regime」
6月12日 小林献一氏(経済産業省) 【判例評釈】「自由貿易と環境のトレード・オフ −ブラジル・再生タイヤの輸入に関連する措置事件を素材に−」
5月15日 柳 赫秀氏(横浜国立大学 教授) 【研究報告】 「S.M.Pekkanen, Japan's Aggressive Legalism: Law and Forein Trade Politics Beyound the WTO (Stanforfd Univ Pr, 2008)」を読む
3月18日 李 弘杓氏 (九州大学 准教授) 【研究報告】「WTO加盟後の中国の開発戦略について」
2月14日 Dr. Brett Williams氏 (Senior Lecturer, The University of Sydney) 【研究報告】"Does Japan's Participation in WTO Reinforce or Undermine the Principles of the WTO system"
2008年
1月17日
濱田太郎(近畿大学助手) 【判例評釈】「米国の高地産綿花に対する補助金(WT/DS267)
12月13日 小場瀬琢磨氏(早稲田大学大学院 法務研究科) 【判例評釈】「ECにおけるWTO法の裁判規範性―ECのWTO法不履行の一局面として」
11月8日 北村朋史氏(東京大学 大学院博士後期課程) 【研究報告】「セーフガード制度の解釈実行の評価に関する一考察」
10月11日 小寺智史氏(中央大学大学院博士課程) 【判例研究】インド数量制限事件(WT/DS90)
9月13日 加藤暁子氏(関東学園大学) 【研究報告】「TRIPs協定における医薬品特許の強制実施権と公衆衛生の保護」
8月7日 Bronckeres弁護士 【講演】「欧州裁判所と他の国際裁判所(WTOの紛争解決手続を含む)との関係」
7月12日 大矢根聡氏(同志社大学) 【研究報告】「国際関係論(国際関係理論)から見たGATT・WTO」 
6月14日 伊藤一頼氏(静岡県立大学) 【判例評釈】EC・GSP事件(WT/DS246)
5月 大原智子氏(成蹊大学大学院博士課程) 【判例評釈】